結婚式のプロフィールムービー制作比較サイト「結婚式プロフィール制作まとめ」

Home > 結婚式情報 > 新郎新婦の生い立ちが良くわかるプロフィールムービー

新郎新婦の生い立ちが良くわかるプロフィールムービー

 現在結婚式の演出の一つとして取り入れられることが多くなったのがプロフィールムービーです。新郎新婦のことをゲストに知ってもらうことで、その後を盛り上げることに繋がります。しかしプロフィールムービーの内容がイマイチとなれば、盛り上がるどころか場の雰囲気がシラけてしまうことにも繋がりかねないので気をつけて置かなくてはなりません。
 流れとして新郎の生い立ちから始まり、次に新婦の生い立ち、そして二人の馴れ初めというのが基本できなプロフィールムービーの流れとなっています。いきなり幼少期の写真を入れるのではなく、タイトルをつけてみるなどゲストが見やすく理解しやすいようにしておくことも大切です。
 式には友人ばかりではなく、ビジネス関係の人や祖父母など目上の人や高齢者もいるので、写真とともにつける文字は見やすく大きくしておくこともポイントです。

 生い立ちとしては、小さい頃からの写真を十数枚ほど使用する程度で良いですが、本人のアップの写真ばかりでは雰囲気が伝わりにくくなります。しかし、だからと言って集合写真ばかりでは本人がどこにいるのかわからなくなるので、バランスを考えて構成するようにしておきましょう。
 ゲストと一緒に過去を振り返るということを頭においておき、ゲストも一緒に写っている写真を取り入れることで、より場が盛り上がります。二人の馴れ初めを知らないゲストからすれば、馴れ初めは見ごたえがあり楽しいものとなるので、わかりやすくしておくことがポイとなります。
 二人で写った仲の良い写真を使うのは当然のことですが、あまりに枚数が多くなればゲストからすれば見飽きてしまいます。見飽きさせないように工夫をすることが大切です。

 出会いのきっかけや、互いの第一印象など二人にしかわからないことも取り入れ、面白い要素も取り入れるようにしておくと盛り上がるのではないでしょうか。プロポーズの言葉など恥ずかしくて他人には知られたくないという人もいますが、ゲストからすればおめでたいことでありみんなが祝ってくれる結婚式だからこそ、自己満足のプロフィールムービーを制作するのではなく、見てくれるゲストのことを考えて楽しんでもらうことができるプロフィールムービーにすることが重要になってくることは間違いないのではないでしょうか。
 プロフィールムービーは工夫次第で良くも悪くもなることを頭においておき、プロに依頼する際には希望を的確に伝えましょう。

ページトップへ